新着情報


 2021年7月20日  2021年10月コースの日程を掲載しました。
 2021年4月30日  2021年ゴールデンウィーク休業のお知らせを掲載しました。
 2021年2月8日  2021年6月コースの日程を掲載しました。
 2020年12月16日  年末年始の休業のお知らせを掲載しました。

これからますます活躍が求められる資格!

ご利用者のより快適な暮らしのお手伝い!! 

❏福祉用具専門相談員講習とは?

1.福祉用具専門相談員はプロのアドバイザー

生活する上で介護、介助を必要とする方の介護レベルや身体の状況に応じて適切な福祉用具を選び相談に対応できるプロのアドバイザーです。

2.大変役立つ資格

福祉用具専門相談員は指定福祉用具貸与事業所には必ず2名以上の配置が義務付けられています。また、介護保険の受給対象になる福祉用具の貸与に関して大変役に立つ資格です。

❑福祉用具専門相談員の資格が必要なワケ!

必要な用具を適切に選び使用していただくことが信頼を得る近道

ご利用者にかかわる介護スタッフやケアマネジャーに福祉用具の知識があるかないかによってご利用者の生活に様々な影響があるといっても過言ではありません。

必要な用具を適切に選び使用していただくことにより不便と感じていた暮らしが楽になる、

自分でできるようになる、家族に負担をかけなくて済むなど様々なメリットがあります。

信頼される介護スタッフ、ケアマネジャーになる為にも身に付けておきたい資格です。

ありがとう養成講座 福祉用具専門相談員講習

講座の特徴について

 7日間(50時間)のカリキュラムで資格取得ができる!

年々日進月歩、進歩している介護・福祉・医療の現場で介護者・利用者への負担が少なく自立に結び付く良い福祉用具の選定、相談に対応できる最新情報・知識・技術をお伝えします。

 


日 程

受講料

 受講料 43,780

(税込・テキスト代込み)

 

会 場

〒721-0902

広島県福山市春日町浦上1205

ありがとう多機能リハビリセンター

ありがとう地域交流室・研修室

受講対象者

資格経験は問いません。

介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・看護師・准看護師・保健師・義肢装具士は福祉用具貸与事業に従事する場合に限り、福祉用具専門相談員とみなされるので、資格取得の為に受講する必要はありません。



お申込み方法について

ありがとう養成講座 福祉用具専門相談員講習

お手続きは簡単です

受講申込書・受講希望理由用紙にご記入の上、本人確認ができる書類(免許証・保険証等)の

コピーと受講料をあわせて㈱QOL(キューオーエル)サービス事務所までご提出ください。

 ※受講申込書などの書類提出はFAX、郵送またはご持参いただいても承ります。

   書類がこちらに届きましたらご入金のご案内をお届けいたします。

❑キャンセルについて

 

何らかの事情によりキャンセルされる場合は、早めにご連絡ください。

キャンセル時の返金につきましては講座開始日の10日前までの場合はキャンセル料(1万円)を差し引いた額で

返金いたします。

講座開始日の9日前(開始日含まず)以降のキャンセルにつきましてはご返金できませんので、その旨ご了承ください。

❏教育訓練給付制度について

お得に受講できます

対象の方なら修了後、受講料の約20%が支給される制度です。

詳しくはこちらから → 教育訓練給付制度のページ

❏受講生の声

福祉用具のことだけでなく、介護・福祉のことについても学ぶことができました。

介護技術についても詳しく学ぶことができ、今後働くときに気を付けていくべきことが理解出来ました。

利用者側を体験できるいい機会でした。様々な車椅子の操作ができ参考になりました。

在宅支援や自立支援において欠かすことのできない福祉用具を介護の視点から学ぶことができ、もっと知識をつけて福祉用具を利用する方に適切な物を提供できるようになりたいと思います。

座学だけでなく実際に身体を動かし体験することができて分かりやすい授業でした。

参考になった部分が多すぎてとても勉強になりました。忘れないようにしっかり復習します。

リハビリは医療の現場だけでなく介護の現場でも大切だと改めて感じました。

ポジショニング、車いすのフィッティングの仕方がとても参考になりました。

他業者の方々とコミュニケーションをとりながらグループワークができ、いろいろな意見が聞けて勉強になりました。

今後の生活、家族の介護などで役に立つ内容だと思いました。これから事業を始めるので活かしていきたいと思います。

ご利用者に合った福祉用具は生活を豊かにし、合わなければたちまち生活が不便になってしまうことを改めて学びました。

立場によって考え方や見方、とらえ方が違うのでいろいろな点から考えていくことが大事だということが分かりました。


友だち追加